--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.29

【コミック】 番線~本にまつわるエトセトラ~

オススメコミック
新書館
「番線~本にまつわるエトセトラ」

オススメホンです

「暴れん坊本屋さん」の久世番子の新刊が発売になりました。

今回は本屋さんとは少し離れて、本に関連する話題をオールマイティに集めていますが、
本好きにはたまらないところをいい感じについてきます。
国会図書館とか。
個人的に一度行ってみたいところですが
この本を読んでその気持ちがさらに強くなってしまいました。
ほかにもいろんな所を取材していますが、
残念なことに1巻完結のようです。
とりあえずカバーをめくって、次回作を待っています。

スポンサーサイト
Posted at 16:59 | オススメの本 | TB(0) |
2008.03.28

【実用書】 野菜づくり大図鑑

【オススメ実用書】
講談社
「野菜づくり大図鑑」


少しずつ暖かくなって、園芸を始めるのにいい時期が近づいてきました。
最近は家庭菜園などもブームになっていますが、
野菜作りの本で昨秋発売されたのがこちらです。

数多くの野菜の種類と作業方法が写真入りで掲載されています。
さらに、ほとんどの野菜に、それを使った料理のレシピがついています。
これからの季節とても便利な1冊です。


Posted at 16:19 | オススメの本 | TB(0) |
2008.03.26

【コミック】 聖・おにいさん 1

オススメコミック
講談社
「聖・おにいさん 1巻」

週刊文春で紹介されました。

この作品の本来の読者層を考えて、
週刊文春に紹介されるのは影響があるのかどうなのか、という感じでしたが
実際読んでみたら、笑いをこらえて肩の震えが止まりません。
まんまと罠にはまってしまいました。
電車の中などで読むのはあまりおすすめできません。
おうちでゆっくりどうぞ。



Posted at 15:44 | オススメの本 | TB(0) |
2008.03.25

【絵本】 はとのクルックのとけいえほん

【オススメ絵本】

くもん出版
「はとのクルックのとけいえほん」


ご入学シーズンのプレゼントで
数年前から定番になっている絵本です。
1分刻みの時計がついていて、時間の勉強がしやすいのに加えて
中のお話がとても面白いのです。
カッコウさんに頼まれて時計の番をすることになったクルック。
でも、自分の気分でグルグル時計を進めてしまいます。
それがとんでもない事件を引き起こして…。
時計の勉強が楽しくなる1冊です。



Posted at 18:11 | オススメの本 | TB(0) |
2008.03.24

【コミック】 深夜食堂 1

オススメコミック
こころがほっこりする1冊をご紹介します。

小学館
「深夜食堂 1」



深夜の歓楽街で営業している「深夜食堂」
第一話のタイトルが「赤いウィンナー」
第二話が「きのうのカレー」
タイトルだけですっごくおなかがすいてきました。
「卵かけごはんってこんなにおいしかったんだ~」
ごく普通のメニューのよさを再確認させてくれる1冊です。

Posted at 15:28 | オススメの本 | TB(0) |
2008.03.22

【実用書】 パン作りの本

【実用書】 パン作りの本


数年前から、ホームベーカリーで
色々な種類のパンを焼こうという本が出版されていて、
結構人気があります。



主婦の友社
「ホームベーカリーでナチュラルパン」




河出書房新社
「ホームベーカリーだから美味しい!黄金の配合率でつくる焼きたてパン」




本格的なパンから、お菓子っぽいものまで
バリエーション豊富なレシピが掲載されているのは知っていたのですが、
うどんやそばまで打てる機種もあるようです。
ホームベーカリーで色々な料理をためしてみてはいかがでしょうか?



Posted at 19:25 | オススメの本 | TB(0) |
2008.03.22

【児童書】 おっことチョコの魔界ツアー

【児童書】 「おっことチョコの魔界ツアー」
講談社・青い鳥文庫の3月の新刊で
「若おかみは小学生」と「黒魔女さんが通る!!」の
コラボレーション企画、「おっことチョコの魔界ツアー」が登場です。
片方しかご存知ない方も、これを機会にもう一作品も読まれてみては?
どちらも大人気で、順調に巻を重ねている作品です。


Posted at 19:07 | オススメの本 | TB(0) |
2008.03.21

【新書】 47都道府県の名門高校

平凡社 平凡社新書 412
47都道府県の名門高校
八幡和郎 CDI
840円(税別)



各都道府県の名門校の成り立ちと、その卒業生を紹介しています。
自分の出身県の名門校を見るのも楽しいですが、
他県のデータで意外な卒業生を見つけるのも楽しいです。
単純にデータを読むだけでも面白いですが、
江戸時代の藩校についても触れられているので
日本の教育の奥深さも感じられて興味深いです。
Posted at 17:49 | オススメの本 | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。