2010.01.31

今日、走馬灯を見ました。

突然ですが、今まで貴方が過ごしてきた人生、
まるで走馬灯のように映像で見れるとしたら、どうしますか??

見たい?見たくない??それとも・・怖くて見れませんか?
そんな「んなシステムあるわけ無いじゃん!」をコミックにした
ちょっと不思議な物語「走馬灯株式会社」

物語の舞台は山中にある建物。
そこに住む女性が迷い込んだ人たちに言います。
「あなたが今まで歩んで来た人生、見てみませんか?」と。
言われた人達は、半信半疑でその映像を見るわけですが・・・。


ここからは読んでみた感想。これ、面白い!!!
恐怖あり、やりきれない話あり、感動あり。
この作者、読者を引き込む技、持ってます^^b

世にも奇妙な物語イキガミ好きな方に、ぜひお薦めいたします!
走馬灯
2010.01.29

☆1月の新刊☆

|| ナツカのおばけ事件簿 ||
★ゆうれいパティシエ事件★

1月の新刊です
とってもかわいい手書きで手作りのPOPが
印象的ですよね
TS3O02290001.jpg
↑POPがケーキに…!?
TS3O02300001.jpg

ちらっとのぞくPOPも気になりますね
ぜひ店頭で実際に見てください
これをみたら本が読みたくなることまちがいないです

スタッフ一同心よりおまちしてまーす★



2010.01.26

サヨナライツカ

ちょっと写真がナナメ過ぎましたが
「サヨナライツカ」 
裕福なのに夫婦共働きな 辻仁成・中山美穂(吉本のみぽりんじゃありません)
TS280503_convert_20100126161600.jpg映画のCMキレイです絵文字名を入力してください

表紙しか見たことなかったので、こんな内容のお話だとは…
って映画の予告を観ただけなんですけれどもぉぉ顔2
2010.01.26

伊坂幸太郎

久々なのでまとめてうPしております映画
繧エ繝シ繝ォ繝・Φ02_convert_20100126154759
大久保店では 今こんなことをしております。
繧エ繝シ繝ォ繝・Φ01_convert_20100126160337 ご本人登場(うそですけど)
ゴールデン3
どどーーんと そして ばばーーんと大きく展開しておりますので
在庫のあるうちにのぞきにきてくださいね!!

2010.01.26

ネコズキ タカヤマズキのアナタニ

繝阪さ繧ソ繧ッ繧キ_convert_20100126153558
間瀬垣勤、40歳。元教師。現在タクシー運転手。仕事も家庭も、やる気ゼロ。
そんな間瀬垣の前に現れた、一匹の野良猫、「御子神さん」。
間瀬垣は、御子神さんを助手席に乗せ、「ねこカフェ」ならぬ「ねこタクシー」を開業する―。


2010年1月10日(初回放送) KBS京都で放送中

にゃんこねこズキも 竹山ズキにもオススメの文庫ですン

2010.01.26

映画化作品 

食堂かたつむり2
映画化
    「食堂かたつむり」
               公開記念フェア 開催中
芽ふたば書房 Honya Club 会員様芽
ポイントカードを使って「食堂かたつむり」をご購入頂きますと↓↓
食堂かたつむり1
勝手に抽選に参加したことになります!!!
すると
勝手に抽選され
当選すると
勝手にご登録いただいておりますご住所へお届けされちゃう仕組みとなっております。

久々だったので 大きな写真を使ってみました笑



2010.01.25

毎日なにかはあるはずだ、ないときはその日の『詩めくり』をめくりながら

■『夜食の文化誌』(青弓社)西村大志編著
夜食について真面目に論じた本。参考文献が多く掲載されており、
この参考文献で本を集めてフェアをやってみたら面白そうです。
夜中に食べる袋ラーメンの旨さにも理屈があったのか。
サッポロ一番しお味が自分の好きな食べ物の上位にランキングするあなたへ。
夜食の文化誌
2010.01.25

ふたば書房つかしん店より おすすめ実用書。

ita
板チョコで作る土屋公二の本格チョコレートブック  講談社



市販の板チョコ、家庭のキッチンにある道具で
本格的なトリュフ、チョコケーキ、ホットチョコレートドリンクなどが
簡単にできる
レシピ本です

他にもつかしん店では
バレンタイン向けのチョコレシピ本、
ラッピングの本をたくさんそろえております。

是非 お立ち寄り下さい


2010.01.25

ふたば書房 つかしん店より。 よみかたりのお知らせ。

2月21日 日曜日 午後2時より 
絵本のよみかたりを行います。

今回読む絵本は

ofuton

ブロンズ新社 かがくいひろし著 おふとんかけたら

他二点です。

楽しい折り紙も折ります。
お誘い合わせの上、どうぞご参加下さい!



こちらのイベントは終了いたしました。沢山のご参加 ありがとうございました


2010.01.22

毎日なにかはあるはずだ、ないときはその日の『詩めくり』をめくりながら

新刊やおすすめを紹介したり、フェアの案内をするだけのブログでは嫌だな。したくない。
では何を。では何を…

そうだった谷川俊太郎氏の隠れた名品『詩めくり』が筑摩文庫に入ったのは確か昨年の話で、
年が明けたらこれを毎日読んでここに毎日思ったことや感じたことを綴ってゆけば「詩めくり大喜利」…

それはそれなりに面白いブログになるのではないかと考えたのだった…

が実際年が明けて何もせずに時は過ぎてゆくばかり…

書店で働くことの面白さや愉しみ、ぐっと来るときというのはドーンと長く続いて来るのではなく、
自分にとって毎日小出し小出しに断片としてあり、
それがだんだんと重なって行くもので…(もちろん人それぞれですが)

その日々のブレや小さな出来事をブログにしていきたい。ぼけっとして何も感じないときは、
『詩めくり』を読みます。

というわけでタイトル長くなりますが、
「毎日なにかはあるはずだ、ないときはその日の『詩めくり』をめくりながら」スタートします。

今日は『暮しの手帖』の発売日。のり弁、百、日本のおもちゃ。いつもより増して濃い内容だ。
河出書房新社より文藝別冊『開高健』発売。なかでも森雅樹(EGO-WRAPPIN')のエッセイ「のみたい人」は気になる。
開高ミニフェアも始まりました。

今後もこのブログどうぞ御贔屓に。