FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.22

毎日なにかはあるはずだ、ないときはその日の『詩めくり』をめくりながら

新刊やおすすめを紹介したり、フェアの案内をするだけのブログでは嫌だな。したくない。
では何を。では何を…

そうだった谷川俊太郎氏の隠れた名品『詩めくり』が筑摩文庫に入ったのは確か昨年の話で、
年が明けたらこれを毎日読んでここに毎日思ったことや感じたことを綴ってゆけば「詩めくり大喜利」…

それはそれなりに面白いブログになるのではないかと考えたのだった…

が実際年が明けて何もせずに時は過ぎてゆくばかり…

書店で働くことの面白さや愉しみ、ぐっと来るときというのはドーンと長く続いて来るのではなく、
自分にとって毎日小出し小出しに断片としてあり、
それがだんだんと重なって行くもので…(もちろん人それぞれですが)

その日々のブレや小さな出来事をブログにしていきたい。ぼけっとして何も感じないときは、
『詩めくり』を読みます。

というわけでタイトル長くなりますが、
「毎日なにかはあるはずだ、ないときはその日の『詩めくり』をめくりながら」スタートします。

今日は『暮しの手帖』の発売日。のり弁、百、日本のおもちゃ。いつもより増して濃い内容だ。
河出書房新社より文藝別冊『開高健』発売。なかでも森雅樹(EGO-WRAPPIN')のエッセイ「のみたい人」は気になる。
開高ミニフェアも始まりました。

今後もこのブログどうぞ御贔屓に。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。