2010.08.16

夏なんです。

ちょうど送り火の日にこの文章を書いております。
今日、僕は出勤しているので残念ながら、大文字を見ることはできません。
僕のアパートの屋根にのぼると(まあ、そんなことやってはいけないのですがね)、ちょうど全方向、すべての山を眺めることができるのです。去年、いつもはまったく挨拶もしない隣人やアパートの住人たちと、屋根にのぼって眺めたなあ。
なんて、京都の夏っぽいステキエピソードを披露してみました。
そんなことを書くと、「いいよね~。一度は住みたいな、京都」だなんて地元の友人にいわれるのですが、ところがどっこい働いてる以外のときにそんなイベントやら神社仏閣に頻繁にいってるかというと、んなこたないわけです。
いや、もしかしてみんないってるのかもしれないけど!
俺がいってないだけなのかもしんないけどね!

ああ、忘れてた。
ところで僕は夏の暑さから逃避すべく、ある冒険に出てたんですよ。

そう…ついに手を出してしまったんです。あれに。

onepiece

いわずもがな……な、ワンピース!

あ、劇場版ストロングワールドのDVDもまもなく発売ですね! ご予約はぜひ八条口店で!

いやあ、二日間で五十巻まで読んだんですけどね、面白いんだけど、もうなんつーかえらいテンションで、なんか髪の毛抜けそうになりました。←面白すぎて、の自分なりの意表現です。
ワンピース好きの社員さんに、「どのシーンで泣けましたか?」とたずねられ、考えてみる。

う~む。

なんか、ハイスピードで読みすぎたせいで、ぐっとくるとこはあったんだけど、それもまたどんどん通り過ぎていってしまい……。
ちゃんと現在発売中の巻まで購入したんで、もう一度読み直します!
……やっぱ二日の休みで一気に内容を把握しようなんて思っていた自分が悪かった……です!

そして、本日はもう一冊お勧めしたい。
荻原魚雷さんの『活字と自活』(本の雑誌社)です。

活字と自活

文筆家であると同時にアルバイターの著者の文集。表紙の山川直人さんのイラストだけでもジャケ買いしたくなる一冊です。
東京中央線沿線の生活、そしてブックガイドが一冊に。こちらはゆっくりハイボールでも飲みながら(はやってるんでしょ?)、ページをめくりたいです。
さて、この本に、就職しないで気ままに生きている男たちの共通点について書いてある文章があるのですが、それを読んだとき、ああ! とひざをたたいてしまいました。
気ままに生きていくには、パートナーありき、なのね。

まあパートナーの件は置いておいて、ワンピースを読んだことだし、まずは仲間を大事にしながら、生きていきましょうかね。

では残り少ない夏を、冒険しましょう!
この記事へのトラックバックURL
http://booksfutabashopguide.blog103.fc2.com/tb.php/1082-5a0dd4b1
この記事へのトラックバック