--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.05

リリーの言葉

おひさしぶりです。

駅店はいつでもガンガン行くぜ(ジブラ)、って感じで営業中でございます。

ブログで皆さんに素敵な本を紹介しなくちゃな~なーんて日ごろから思ってるのですが、この数ヶ月間、わたくし、迷っていたのです。

ボクのアイフォンにくるメールといったら、

「マツコ・○ラックスの素顔の写真みた?」
だの、

「キャン○ル・ジュンて、なに?」
という友人からのどうでもいい質問だの、

「いま、マザー・ウオーター観てきた! なんかほっこりしちゃった」
といった、いらん報告、

「来月結婚式あるんで二次会の司会してください、祝儀とかはいらないからね★」
だの、

ろくでもないものばかり。いや、最後のは、おめでとうございます。末永くお幸せに……。そして辞退します

ああ、いらんことばかりが世の中にはあふれている。
ぼくに到来するメールもしかり。
……というか司会の依頼は電話でしてくれよ。
やっぱり、自分に本当に有効な情報というのは、待っていては手に入らないのだ。
そして、ものどころか、すべてをダンシャリしたい、と頭かきむしっておりました(秋の間)。


紅葉深まる最中も、、そんなことを考え、ぶつぶつ布団に包まりながらつぶやいていたら(理由・寒いから)、新潮文庫から、アレが店にやってきたのです。

jyosino


リリー・フランキー『女子の生きざま』新潮文庫

かつて新潮OH!文庫にはいっていたのですが、ついに新潮文庫入り。懐かしくて思わず手に取り再読。
ううむ、と十年ぶりに唸りました。
まさに、この世知辛い世界を生きるための金言の数々! 

……まあ、あえてここでは例を挙げませんけど。
ぜひ駅店でページを開いていただければ……。

日々日常をサヴァイブしている女性に、そしてそばで寄り添う男性に、有効な実用書となっております。

来年の夏の100冊に入ってたらどうしよう……そんな妄想を抱かせる一冊。

忙しい師走に、自分にちょっとした笑いのご褒美としてもいかがでしょ。

駅店でお待ちしております。
この記事へのトラックバックURL
http://booksfutabashopguide.blog103.fc2.com/tb.php/1287-534d251a
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。