FC2ブログ
2008.01.03

【科学】茂木健一郎著「脳と仮想」

脳と仮想(新潮文庫/ハードカバー)

旧友からすすめられて読みました。正直、「またコムズカシイのをすすめやがって・・・」と思いましたが、
意地張って読んでみたら、これがまったくそうではなかったです。文体こそちょっと固めですが、ちゃんと最後まで読めました。
(たまにあきらめることがあるんですが・・・、拾い読みじゃなく、最初から最後まで読みました。自分で嬉しい・・・)
書かれている内容は「最新脳医学に通ずる画期的論考」らしいのですが、なんというか、ちょっと感動した、んです。説明しにくいですが、うるっときちゃうような、感動でした。

それは、この本に繰り返されている「切実さ」のせいかな、と思います。
生きる上での切実さとか「仮想」がとても大事なもので確かに失うと辛いだろう、
と思わせられて、それは、私にとってやっぱり切実なものだと感じられ、それでうるっときたのだと思います。


とにかく、意外といけます!いつもは小説だけの方もぜひ読んでみてください。



この記事へのトラックバックURL
http://booksfutabashopguide.blog103.fc2.com/tb.php/18-c56d7252
この記事へのトラックバック