FC2ブログ
2008.11.01

ゼスト御池店から 教訓のない童話

 童話には何かしら教訓が含まれていると思います。
 子どもの頃は何も考えることなくただただ楽しく読んでいた童話も、大人になって読み返してみるとその物語が持つ深い意味に気づいて、違うお話のように思えてしまったりします。
 
 しかし、下記で紹介する童話は、そういった童話とは一味違います。
 子どもが読めばきっと少し首をひねってしまうでしょう。
 そして大人が読めば・・・・ 

頭のうちどころ 『頭のうちどころが悪かった熊の話』安東みきえ(理論社)¥1575(税込)


 実は、この本の謳い文句は“人生について考える7つの動物寓話”です。
 人生について考えるなんて素晴らしいですね、立派な教訓を持つ童話じゃないですか!と、思われるかもしれませんね。
 しかし、私がこの本を読んで感じた限りでは、この本には明確な教訓はないと思いました。
 大人が読んでも、子どもの頃のような気持ちでただただ楽しく読めるのではないでしょうか?
 そして、もしこの本に教訓を見出すとするならば、それは読み手その人自身が作っていく教訓だと思います。 
 何事にも、意味を見出すのは受け取った人自身っていうことですね。

 そんな一風変わった世界観のある童話、ぜひ読んでみて下さい。

 当店ゼスト御池店では、児童書コーナーにて展開しております。当店にお越しの際はぜひお立ち寄りください!
この記事へのトラックバックURL
http://booksfutabashopguide.blog103.fc2.com/tb.php/204-6b4f8fc9
この記事へのトラックバック