FC2ブログ
2008.12.02

ということなので読んでいない本について

読んでいない本  

本屋にPOPがあることが当たり前になった今日、あまたに溢れるPOPのなかでも特に「誰々さんオススメ!」であるとか、「何々系は必読!」というPOPのついた本にどうしても手が伸びず、むしろなるべく避けるようになってしまったのはなにも性格がとてもひねくれているから(ひねくれていますが)というだけではないような気がしています。まあ読んだことがない本にオススメPOPが付いていても読んでいないわけですから、その本についてあーだこーだという資格はないことは分かっているのですが、先の毛嫌いしているPOPのついている本をまえにすると「その本は本当に面白いのだろうか」と自問しまいます。装丁にについても同じようなことがいえて、きつくて派手なものよりも潔くてあまり目立たないものを好む傾向にあります。
さてそんな自分が作るPOPですが目標だけはいやに高くて、オススメでなく批評でもないあくまで本に寄り添うような「本を売る言葉」の境地にいつか辿り着きたいなと考えています。でももうしばらくは安心できそうです。この本があるから、心配はいならい。


っていってももちろんまだ読んでいないわけですが・・・

この記事へのトラックバックURL
http://booksfutabashopguide.blog103.fc2.com/tb.php/268-8d6439bd
この記事へのトラックバック