FC2ブログ
2009.01.07

じぶんを飾らない言葉にぶつかってみよう

考える人 2009年冬号(縮小) 須賀敦子全集 第1巻 木をかこう


つかしん店2009年最初のフェアは須賀敦子。
年頭の挨拶にかえて2009年をこの言葉からスタートしてみたい

「きっちり足に合った靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ。そう心のどこかで思いつづけ、完璧な靴に出会わなかった不幸をかこちながら、私はこれまで生きてきたような気がする。行きたいところ、行くべきところぜんぶじぶんがいっていないのは、あるいは行くのをあきらめたのは、すべて、じぶんの足にぴったりな靴をもたなかったせいなのだ、と」須賀敦子『ユルスナールの靴』(河出書房新社)

2009年だけというよりも一生こころのどこかに残しておきたいじぶんのことを飾らない言葉。『考える人2009年冬号』(新潮社)特集:「書かれなかった須賀敦子の本」に合わせた彼女の魅力に迫るフェアを現在開催中です。考える人はバックナンバーも常備しております。須賀敦子の本に溢れるこうした飾らない言葉の数々にぶつかってみませんか。
そして2009年じぶんの足にきっちりあった靴(本)を探しにつかしん店にきませんか。

今年一年もどうぞつかしん店をよろしくお願い致します。
この記事へのトラックバックURL
http://booksfutabashopguide.blog103.fc2.com/tb.php/322-b63802df
この記事へのトラックバック