FC2ブログ
2009.02.07

ひなまつりにおひなさまをかざるわけ

「ひなまつりにおひなさまをかざるわけ」
出版社 教育画劇
著者  瀬尾七重 岡本順
ひなまつり
「おはな」は4人兄弟の末っ子の女の子。
桃の木の枝で作ったお人形をかわいがっていました。
ある日、高い熱をだしてしまったおはなを
お兄さんが看病していると、人形が話しだして…。

どうしてひなまつりにお雛様をかざるかご存じですか?
もともとは「流し雛」の風習などから災いをはらう神事だったといわれています。
それをお話にしたのが、こちらの絵本です。
雛祭りの成り立ちがわかりやすく描かれていて、お勧めの1冊です。

この記事へのトラックバックURL
http://booksfutabashopguide.blog103.fc2.com/tb.php/382-07007f90
この記事へのトラックバック