FC2ブログ
2009.04.09

朝がくるっていう事は

毎日当たり前のように来る朝、
それがとてもすごい事だと気づかされるそんな本を紹介します。
「余命1ヶ月の花嫁」です。
乳がんと闘い、24歳で亡くなった千恵さんからの「愛といのち」のメッセージは
毎日朝を迎えられる事が、当たり前ではなく 奇跡なんだと気づかせてくれます。

090409_1736~01

この記事へのトラックバックURL
http://booksfutabashopguide.blog103.fc2.com/tb.php/452-24e43f5a
この記事へのトラックバック