FC2ブログ
2009.10.08

どっちが凄いか!

本日オススメの本は、「毒虫vs溝鼠」

前作「溝鼠」として活躍した鷹場英一が「毒虫」こと大黒とありえない対決をします。
タイトルからしてとんでもないですが、中身は前作以上に凄い事になっています。

1ページめを紹介しておきます。

「毒虫vs溝鼠」鷹場へ贈る言葉

ある知人は、私の人格を疑った。
ある読者は、私を蔑んだ。
ある親類は、私と他人を装った。
溝鼠・・・・・・・・・・・・鷹場英一
お前を生み出したことで、私は様々な被害を被った。
しかし、後悔はしていない。
なぜなら、お前のような「悪魔」を描き切れるのは、
私しかいないという自負があるからだ。
                      新堂冬樹


もはやバイオレンスを超えたコメディです。


毒虫 『毒虫vs溝鼠』 新堂冬樹
徳間文庫 686円
この記事へのトラックバックURL
http://booksfutabashopguide.blog103.fc2.com/tb.php/724-a4891f8a
この記事へのトラックバック