2009.10.17

10月17日の片手で掴んでみる

10月17日はこの1冊。

■『書かれる手』 (平凡社) 堀江敏幸著 ¥1260-
---いくつもの奇跡的な出会いが地の底の水脈でつながり、言葉と言葉を、人と人を艶やかな表面で結びつけ、だれも見たことのない深さに変貌させていくような瞬間に遭遇したとしたら、感謝をこめてそれを「文学」と呼んでおきたい---裏表紙のことばより
堀江敏幸氏の文学評論が平凡社ライブラリーに入りました。解説に三浦雅士氏。

書かれる手

この記事へのトラックバックURL
http://booksfutabashopguide.blog103.fc2.com/tb.php/747-9dbf3ed0
この記事へのトラックバック