2010.02.09

毎日なにかはあるはずだ、ないときはその日の『詩めくり』をめくりながら

無頼という言葉がまだ存在しているのだとすれば
今ならばこの人、西村賢太。
初の随筆集となる『一私小説書きの弁』(講談社)が
ようやく入荷してまいりました。

先日文庫化されたばかりの『暗渠の宿』(新潮社)解説に友川カズキ氏!
も合わせてどうぞ。

一私小説書きの弁 暗渠の宿


この記事へのトラックバックURL
http://booksfutabashopguide.blog103.fc2.com/tb.php/825-dde3959c
この記事へのトラックバック