2010.02.22

毎日なにかはあるはずだ、ないときはその日の『詩めくり』をめくりながら

カート・ヴォネガット、P・K・ディックなど数々の名訳で知られる
SF翻訳家、浅倉久志が亡くなりました。心からご冥福をお祈りいたします。

いまでこそよく言われる”信頼できる翻訳家”。
そんなことばが生まれるずっと昔から着実に仕事をしてきた人。
内容はわからずとも浅倉翻訳ならと自信を持ってレジに並んだという方は多いのではないでしょうか。
本日ささやかながら追悼コーナーを設置いたしました。

あなたがいなければヴォネガットをこんなにも好きになることはなかったと思う。
ありがとう。

ぼくがカンガルーに出会ったころ タイタンの妖女 未踏の時代




この記事へのトラックバックURL
http://booksfutabashopguide.blog103.fc2.com/tb.php/846-9fb803f5
この記事へのトラックバック